FC2ブログ

五月雨を集めて速しだまらっしゃい

映画や特撮を観ては感想を書いたりサボったりしてるよ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

金ロー感想

本日はゴースト ニューヨークの幻


ストーリー
主人公サムを殺した悪者が、デミ・ムーア演じるサムの恋人モリーをも狙うが、サムがゴーストとなって、彼女を守ろうとする。「死んでも君を守りたい」がキャッチフレーズ。

ニューヨークの町。同棲生活中の二人、銀行員のサム(パトリック・スウェイジ)と陶芸家のモリー(デミ・ムーア)はサムの親友カール(トニー・ゴールドウィン)に手伝ってもらい古いアパートを改装した。

モリーは陶芸家として成功しつつあり、サムもモリー、カールと良好な関係を維持しながら順調に仕事をこなし、平和な日々を送っていた。

ある日、銀行のオフィスで、サムはコンピュータにある口座のデータに異変を発見した。カールが手伝おうとしたが、サムは断り、残業して調べるが・・・。

サムとモリーが「マクベス」を観劇しての帰り道、モリーがサムに自分の心を打ち明けた。「貴方と結婚したい」。今まで、彼女が避けていた問題だったのでサムは驚く。悩むサムに、モリーはなぜ「愛してる」と言葉にしてくれないのかと問い詰める。「愛してる・・・」とモリーが言うと、サムは必ず「DITTO(同じく)」と答えていたのだ。

しかしその時、暗がりから一人の暴漢【ウィリー】がサムを襲った。もみあいになりウィリーが持っていたピストルが発射された。ウィリーが逃げるのを追いかけるサムはあきらめて戻ると・・・何と、モリーが血だらけの自分を抱いて泣いているではないか。すると、この自分は!? その時、空から1条の光が射してきた。サムは自分が死んだのだと悟った。

ゴーストになったサムはモリーのアパートで彼女と共にいた。サムは彼女には見えないし話しても聞こえない。数日後、アパートを訪ねたカールとモリーが散歩に出かけた後、ある男がアパートに侵入して来た。サムは驚愕した。それは自分を襲い、殺した男【ウィリー】だった。サムはウィリーに殴りかかるが空を切るばかり。モリーが帰ってきた。サムは危険を知らせようとするが効果がない。その時、サムはモリーの猫【フロイド】をけしかけて男を追い出すと、後を追った。

地下鉄に乗ったサムを見知らぬ男【サブウェイゴースト】が襲ってきた。「ここは俺の縄張りだ!」 その男もゴーストだったのだ。その場を逃れて、追跡したサムは男のアパートを突き止めた。名前はウィリー・ロペス(リック・アビルス)。アパートを出ると、近くに霊媒師の看板を見つけ、サムは中へ入った。何やらインチキ臭い霊媒師オダ=メイ・ブラウン(ウービー・ゴールドバーグ)が客を相手にしていた。彼女がやっていることは明らかにインチキだったが、サムが声を出すとオダ=メイは反応したのだ。彼女は本人も自覚していなかった本物の霊媒師だった。

サムはオダ=メイをなんとか説得し(1晩中「ヘンリー8世」の歌を聞かせ続けるという半ば脅迫めいたやり方だったが)、モリーに会わせた。しかし、モリーはサムの霊が身近にいることが信じられない。だが、サムしか知らないことをオダ=メイは言ったのだ。もしかしたら・・・

モリーのアパートから出たカールの後をつけたサムは、真相を知る。カールは、不正を働いていた。不当に入手した金を資金洗浄することで正当な金に見せかけていたのだ。それをサムに嗅ぎ付けられたと思ったカールはウィリーと組んでサムを殺したのだった。

サムはあの地下鉄のゴーストを探し出し、物体を動かす方法を伝授してもらった。人間に触れることはできないが、物体なら動かせる。

サムは再びオダ=メイを訪ねると、銀行へ連れて行き、カールの架空口座から400万ドルを引き出した。そして、その金をそっくり慈善団体へ寄付してしまう。

一方、カールは口座に金が無いのを知り、青くなった。このままでは組織に殺されてしまうカールは金を取り返そうと、ウィリーとともにオダ=メイのアパートへ向かった。逃げ惑うオダ=メイだったが、今のサムは戦えるゴーストになっている。相手からすれば目に見えないサムは物体を動かし、二人を恐怖の底へ突き落とした。ウィリーは逃げ惑い誤って車道に飛び出し乗用車とバスに挟まれ落命・・・・・・すると周りから闇の部分が触手を伸ばして来てウィリーの霊は暗黒の闇に引きずり込まれた。

オダ=メイはモリーのアパートに逃げ込んだが、モリーはオダ=メイがかつて詐欺師として悪事を働き服役までしていたことを知った後であり、オダメイの能力をペテンだと思い、再び信じようとしなくなっていた。しかし、サムがかつてモリーに与えた「お守りの1セントコイン」を動かして示したことによりモリーは完全にゴーストのサムの存在とオダ=メイの能力を信じる。事情を理解してもらい警察を呼び待機していたが、「もう1度モリーに触れたい」というサムの言葉を聞いたオダ=メイはサムに自分の肉体を貸す。束の間の時間、モリーとサムは再び触れ合うことができた・・・。

しかし警察が到着するよりも早くカールがモリーのアパートを訪ねてきてしまった。屋根裏までモリーとオダ=メイを追い詰めるが姿の見えないサムに逆に追い詰められ逃げ惑う。その最中、天井から吊るされたワイヤーを投げ、部屋の窓から逃げようとしたが逆にワイヤーでガラスを割ってしまい残っていたガラスが落下して胸に刺さり落命・・・ウィリーと同様、殺人に手を染めたカールは闇に引きずり込まれていった。

戦いが終わった。サムはモリーとオダ=メイのそばへ行き声をかける。今やサムの存在を信ずるモリー。やがて、天から光が降りてきた。サムの姿がモリーとオダメイの前に現れる。サムはオダ=メイに礼を言い、そしてモリーに「ずっと君の事を愛していた」と伝える。初めて言葉で「愛してる」と伝えたのだった。するとモリーは「DITTO」と一言つぶやく。その言葉を聞きサムは「僕の心は愛で一杯だ。その愛を君に捧げる」と言い残し、神の光の中へと歩いて行く・・・。
(Wikipediaより引用)


有名な作品ですが今まで見たこと無くて

正直期待はしてなかったんですが意外とおもしろかったです

どうせ

スイーツ(笑)御用達のくっそくだらねぇノロケをダラダラ続けてるような映画

だと勘繰ってたんですが蓋を開けてみればあらビックリ

黒人のインチキ霊媒師が主役という

予想外にも程がある展開におもわず笑ってしまいました

ウザイけどなかなかいいやつで憎めないんですよね

逆に主人公はいいやつと見せかけて結構ウザイ

こっちは好きになれねぇやw


悪い行いを行った者は(おそらく)地獄行きになってるわけですが

事故とはいえ、二人も殺してる主人公は天国行きでいいんだろうか?

殺したのは悪人だからOKってことなんだろうか・・・

この辺の道徳観はちょっとした論争を起こしそうですね


ストーリーの展開は意外性がありませんが(古い映画なので仕方ないけど)

自分みたいにネガティブなイメージを持ってる方は

逆に結構楽しめると思います

若き日のデミ・ムーアのエロかわいさも素晴らしいですw


偏見で見てない方は是非一度










ゴースト ニューヨークの幻 スペシャル・デラックス・エディシ [DVD]





スポンサーサイト
  1. 2010/11/26(金) 23:12:59|
  2. 映画感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<オードリーのオールナイトニッポン 感想 | ホーム | トラックバックテーマ 第1089回「筆圧は強め?弱め?」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://owashiya.blog86.fc2.com/tb.php/93-ea8c0f17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

大黒黒子

Author:大黒黒子
マンガと仮面ライダーを

こよなく愛すダメ人間。

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (50)
映画感想 (254)
仮面ライダー感想 (87)
ラジオ感想 (74)
アニメ感想 (99)
その他感想 (20)
トラバテーマ (20)

FC2カウンター

BLOG RANKING

人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

良ければポチってってね

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

amazon

DMM

ドル箱

無料ゲームで稼げる&高還元率ポイントサイト│ドル箱

げん玉

楽天

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。