五月雨を集めて速しだまらっしゃい

映画や特撮を観ては感想を書いたりサボったりしてるよ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ヒックとドラゴン 感想

『誰にだって、人生を変える出会いがある』

<ストーリー>
はるか北の海に浮かぶバーク島。そこに暮らすバイキング一族は、長きにわたってドラゴンと争い続けていた。鍛冶屋で修業中のひ弱な少年・ヒックは、立派なバイキングになることを夢見ているが何かと問題を起こすばかり。村にたびたび襲来するドラゴンとの戦いではいつも邪魔者扱いされていた。ヒックの父で、村のリーダーでもあるストイックも、変わり者の息子の扱いに悩んでいた。

ドラゴンが襲来したある未明、ヒックは自ら発明した投擲機で、最も危険とされるドラゴンのナイト・フューリーを捕えることに成功する。ナイト・フューリーを倒せばきっと誰もが認めてくれる。しかし森の中で傷を負ったフューリーを見つけても、ヒックは殺すことができなかった。彼は飛べなくなったフューリーを「トゥースレス(歯無し、日本語吹き替え版ではトゥース)」と名付け、互いに警戒しながらも少しずつ距離を縮めていく。トゥースを再び飛べるようにするために飛行訓練を重ねながら、ヒックはドラゴンの習性を覚え、それをドラゴン訓練に活かして上手く立ち回っていく。

次第に周囲から注目を集めるようになったヒックは、父・ストイックをはじめ、ドラゴンを敵と決めつけるバイキングたちの意識をどうにか変えたいと思うようになる。

Wikipediaより引用)




ロマンがやべぇ

すげぇファンタジーしてます、少年心くすぐり過ぎです

映像と音楽の素晴らしさがそれに拍車をかけていま


かつて島じゅうの人々に馬鹿にされていたひ弱な少年が、皆を救う英雄になる

本当によくある筋書きなんですが、皆を救うのが力ではなく優しさっていうのがたまりません

しかも彼が救うのは仲間のバイキングだけではないっていうところがまた器がデカい

タイムマシンとかアバターとか敵を根絶やして「ハイ、解決」って作品が多い中で貴重ですよね

そりゃあ時には力技でしか解決できない時もあるでしょうが(実際この作品でもヒックはすべての戦いを避けたわけではないし)、

そんなんばっかやってっから食うか食われるかみたいな異文化コミュニケーションしかできねーんだよというのも事実

グローバリゼーションなんて体良く言ってますが、あんなもんデカいアメーバがちっさいアメーバ呑みこむような話で

そう考えるとこの作品自体があの国の中でのヒックだと言えるかもしれません

これをきっかけに変わるなんてことはないでしょうが、少しでも影響を及ぼせたらいいですね


ところで小さい奴が大きい奴に戦いを挑むと言う点で日本人受けしそうなこの作品、あまりパッとしなかったのは

「トゥース」繋がりというだけで当時流行ってたオードリーをCMに起用した適当さが原因だと思われ

邦画の広報業界はクソってはっきりわかんだね












【送料無料】ヒックとドラゴン スペシャル・エディション [ ジェイ・バルチェル ]
スポンサーサイト

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

  1. 2014/02/10(月) 21:47:21|
  2. 映画感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ファイ・ブレイン~神のパズル~ 3S 第19話 感想 | ホーム | ファイ・ブレイン~神のパズル~ 3S 第18話 感想>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://owashiya.blog86.fc2.com/tb.php/673-d4e9b97d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

大黒黒子

Author:大黒黒子
マンガと仮面ライダーを

こよなく愛すダメ人間。

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (50)
映画感想 (254)
仮面ライダー感想 (87)
ラジオ感想 (74)
アニメ感想 (99)
その他感想 (20)
トラバテーマ (20)

FC2カウンター

BLOG RANKING

人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

良ければポチってってね

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

amazon

DMM

ドル箱

無料ゲームで稼げる&高還元率ポイントサイト│ドル箱

げん玉

楽天

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。