五月雨を集めて速しだまらっしゃい

映画や特撮を観ては感想を書いたりサボったりしてるよ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

世界侵略:ロサンゼルス決戦

今週の土曜プレミアムは『世界侵略:ロサンゼルス決戦


<ストーリー>
1942年2月25日。ロサンゼルス上空に未確認飛行物体が出現、日本海軍機による空襲と誤認したアメリカ陸軍が応戦する騒ぎとなった。後に「ロサンゼルスの戦い」と呼ばれたこの騒動は、大きな被害を出さないまま収束する。その後、同様の飛行物体が1965年にブエノスアイレス、1983年にソウル、1991年にロンドンで確認されるも、その実態は分からないままであった。

2011年。再び現れた飛行物体は、相次いで海に落下。中から現れた侵略者たちは世界中の都市に一斉攻撃を開始した。各主要都市が次々と壊滅状態に追いやられる中、ロサンゼルスもまた例外ではなかった。ロサンゼルス近郊にあるアメリカ海兵隊基地所属のナンツ二等軍曹(アーロン・エッカート)の小隊もロサンゼルスの防衛に投入されることとなる。侵略者の急襲で圧倒的に不利な戦況の中、ナンツ二等軍曹の所属する海兵隊第2大隊エコー中隊第1小隊は、激戦区サンタモニカの警察署に残っている民間人の救出に向かうよう指示される。

Wikipediaより引用)





スーパーな民間人が登場しなかったり、ミラクルな一発逆転劇が起きなかったりと、

リアリティを強調することで、今までのエイリアン侵略ものとの差別化を図っています

ハンディカムっぽい撮影もその演出のひとつですね

ただ、この手の作品はリアリティと反りが合わない気がするんですよね

宇宙戦争とかもそうでしたけど、無力感と絶望感の果てに何もないってのはちょっとね

多少は強引なご都合主義でもまかり通る世界なので、派手なカタルシスを味わいたいですよね


とは言ったもののこの作品の哀愁漂うエンドは嫌いじゃなかったりします

人類にとってはわかりませんが、主人公にとっては完全な敗北ですからね

年下の上官でさえ部下を守って死んだというのに、自分はまたしても部下を死なせて生きさらばえてしまった

若いわけでもなければ、帰りを待つ妻も子供もいないというのが尚更ツラい

未来のない彼は死に場所を求めて戦場に向かう他に道は無いのです

「老兵は死なず」とは言いますが、彼にその日が訪れることはあるのでしょうか……?









【送料無料】世界侵略:ロサンゼルス決戦 [ アーロン・エッカート ]
スポンサーサイト

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

  1. 2013/11/16(土) 23:47:48|
  2. 映画感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ファイ・ブレイン~神のパズル~ 3S 第7話 感想 | ホーム | ルパン三世 princess of the breeze~隠された空中都市~ 感想>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://owashiya.blog86.fc2.com/tb.php/641-7635e75f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

大黒黒子

Author:大黒黒子
マンガと仮面ライダーを

こよなく愛すダメ人間。

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (50)
映画感想 (254)
仮面ライダー感想 (87)
ラジオ感想 (74)
アニメ感想 (99)
その他感想 (20)
トラバテーマ (20)

FC2カウンター

BLOG RANKING

人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

良ければポチってってね

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

amazon

DMM

ドル箱

無料ゲームで稼げる&高還元率ポイントサイト│ドル箱

げん玉

楽天

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。