FC2ブログ

五月雨を集めて速しだまらっしゃい

映画や特撮を観ては感想を書いたりサボったりしてるよ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

革命機ヴァルヴレイヴ 第4話 『人質はヴァルヴレイヴ』 感想

エルエルフに想定外の要求を突き付けられたハルトだったが、これを膠も無く拒否する

ハルト「ボクは……守るって決めたんだ!呪いの力を使っても!!」

エルエルフ「フンッ……お前は必ず契約する、その時はサインを出せ、俺が救ってやる」

そう言って彼が出したのはなんとピースサイン、エルエルフさんえらくゴキゲンだなオイ

ハルト「何がピースサインだ!平和のサインなんてっ……!」

エルエルフ「平和……?フッ、つくづく合わないな」

どうやらピースをチョイスしたのには特に意味などなかった様子

だったらメロイックサインにでもしとけばハルトの癪に障らずに済んだのにな

でもピースサインだってもとはと言えば軍人発祥なわけだし間違ってるわけでは……まぁいいかこの話は

※なおこの間サンダーくんはずっと放置プレイを食らっております


そうこうしてると再びドルシア軍が攻撃を仕掛けてきた、エルエルフなどあてにしていられるかとハルトはフィガロのもとへ走る

しかしそこで彼は耳を疑う言葉を聞くこととなる

フィガロ「どういうことだ!?ドルシア艦隊の予測はまだ先じゃなかったのか!?……わかった、学生達は置いていこう!」

フィガロ「サブのゲートに脱出艇を用意しておいてくれ、我々とこのロボットだけでも脱出する!学生はいいんだよ!急いでくれ」


ハルト「みんなで逃げようって言ってたじゃないですか!?」

フィガロ「君達を助けに来たのは本当だよ、ただ優先順位が2番目だっただけさ」

フィガロ「親切やボランティアっていうのはねぇ、余ってるお金や時間でやる道楽、感謝されるゲームなんだ」


や、やっぱりコイツも汚い大人やったでー!!

幻聴か「千の偽り万の嘘」って言葉が聞こえてくるようやで!

キレたハルトは必殺のボディチェンジを使おうとするも、服の上からでは効果がなく、タコ殴りにされて敢え無く連行されてしまう


人知れず学園に迫るピンチ、ハルトも捕らえられ、唯一の希望も潰えたかに思えたが……まだ希望は残っていた

なんとショーコがたまたまハッキングが趣味の学校ひきこもりのもとを訪れており、フィガロの裏切りの通信を耳にしていたのだ!

すげぇ偶然もあったもんだなオイ

急いで生徒達に事の真相を伝えに行くショーコだったが、当然誰も信じてはくれない

当然だ、フィガロは「恩人」で通っているし、通信の内容をどうやって一般の生徒が知り得ると言うのか

証拠の提出を要求されるショーコだったが(ダジャレじゃないよ!)、学校引きこもりにはその存在を明かさないよう口止めを受けている

だったら学校じゃなくて家に引きこもっとけよって気もするが

追いつめられたショーコが出した結論は……

服を脱ぐことであった

Ma

なんだか混沌としてきたが、この半ば自棄っぱち作戦が功を奏し、ショーコの言い分が通るってんだから余計にわけがわからない


生徒達の大部分はフィガロ達の気を引くため揃って校歌を斉唱、その隙にショーコ達は情報通のオタッキー君の導きのもとフィガロの裏を探る

その結果見つけたのはハルトという生きた証拠そのもの、救世主の証言とあれば生徒達も疑うまい

案の定駆け付けたハルトの叫びに生徒達のフィガロに対する信頼は一気に揺らぐ

そこに駆け付けたサンダーも今回ばかりはハルトに味方する、さすがは遥か未来なのにステロタイプのヤンキー、スジと大事にしてんだね

っつかなにより生きてたんだな、お前

進退窮まったフィガロはここで誤った選択をしてしまう、生徒達に銃を向け、力技で突破しようとしたのだ

まぁ銃を向けたってか実際に発砲してサンダーくんが犠牲になったわけですが山田が何をしたって言うんや……

いくらハルトへの信頼感が篤いとは言え、まだ悪くとも4分ぐらいの支持は得ていたと言うのにねぇ……

これでフィガロと生徒たちの間に決定的な溝が出来た、逆を言えばハルト達も武力行使に訴えることが出来るわけだ

俗に言う「殺しちまえってことは自分も殺されてもかまわないってこと」ってヤツやね

そんなわけで前回の反省を活かしつつ軍人の体を借りてヴァルヴレイヴを奪回、フィガロ達を無力化する

絶望的な状況がひっくり返り歓喜に震える生徒達、それも束の間、ある男がそこに水を差すように言葉を発する

エルエルフ「状況は何も変わっていない!!このモジュールは完全にドルシア軍に包囲されている」

悲しいかなエルエルフの言う通り、敵はフィガロだけではないのだ、つーかむしろそっちが本命

この状況を脱したければやはりエルエルフに従う他はないのか――?

ショーコ「大丈夫!!ドルシアには私達の家族に指一本触れさせない!」

生徒達ΩΩΩ<そんなこと言ったって…… <人質もいるんだぞ!? <脅されたら……

ショーコ「だからこっちも脅すの!私達の家族に手を出したらこのロボをARUSに渡すって!!」

生徒達ΩΩΩ<あのロボは戦局を左右する…… <ロボを人質に? <いけるゼその手!

ショーコ「ARUSの上院議員さん!貴方達にロボットは渡せません!ですが私達と一緒に戦ってください!」

フィガロ「ふざけるなっ……!通るかよっ……そんな理屈っ……!」

ショーコ「それじゃあこのロボをドルシアに渡します!!」

フィガロ「なん……だと……!!?」

ヴァルヴレイヴという鬼札を背景にARUS、ドルシア、両大国と取引に打って出ようと言うのだ

これはもはや以前までの中立ではない、言うなれば……

ショーコ「私達は今から独立するの!!私達の学校はARUSともドルシアとも対等の独立国になります!」

生徒達ΩΩΩ<国なんてやれるの? <楽しそう! <乗ったぜそのアイディア!

エルエルフ「なんなんだあの女は……!?」

七海「差南ショーコさん!ジオール総理大臣の娘さんです!!」

なるほど、それゆえのカリスマめいた指導力ね……って納得できるかーい

その総理大臣ってこの状況に何らの手立ても打てていない無能やからね?その娘って言われても何の説得力もないからね?

っつーか交渉の際に色仕掛けで攻めるとか指導者っていうか女スパイのスキルやからね?

エルエルフ「フハハハハ!なんだこの感覚は……久しぶりだ、笑ったのは!」

どうやらエルエルフさんこのシニカルなギャグがお気に召したようです、もうあなたのツボがわかりません

そして学園はヴァルヴレイヴにより他のモジュールから切り離され、ドルシアの包囲網を突破、文字通りの独立国となったのであった

( ゚∀゚)o彡゜立国!立国!












【送料無料】【SSポイント3倍】革命機ヴァルヴレイヴ 1 【完全生産限定版】 [ 逢坂良太 ]

これさ、ドルシアとの取引はまだしも
ARUSとの取引はフィガロにチェンジかました方が良かったよね
ところでチェンジした体で別の体にチェンジはできないのかね?
もしできるならARUSにせよドルシアにせよあっちゅーまに頭にたどり着いて指揮系統をめちゃくちゃにできそうだけど
スポンサーサイト

テーマ:革命機ヴァルヴレイヴ - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2013/06/02(日) 23:55:19|
  2. アニメ感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<G.I.ジョー 感想 | ホーム | 革命機ヴァルヴレイヴ 第3話 『エルエルフの予言』 感想>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://owashiya.blog86.fc2.com/tb.php/601-5c34608c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

大黒黒子

Author:大黒黒子
マンガと仮面ライダーを

こよなく愛すダメ人間。

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (50)
映画感想 (254)
仮面ライダー感想 (87)
ラジオ感想 (74)
アニメ感想 (99)
その他感想 (20)
トラバテーマ (20)

FC2カウンター

BLOG RANKING

人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

良ければポチってってね

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

amazon

DMM

ドル箱

無料ゲームで稼げる&高還元率ポイントサイト│ドル箱

げん玉

楽天

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。