五月雨を集めて速しだまらっしゃい

映画や特撮を観ては感想を書いたりサボったりしてるよ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

断栽分離のクライムエッジ 第6話 『星のワルツ』 感想

逃げ回った先で切と再会する祝、しかし相変わらず切は正気を失っていた

祝「お願い!目を覚まして!思い出して……本当だったら星座観察してたよね?まだ間に合うかもしれない……帰ろうよ切くん、ね?」

祝の説得が通じたのか動きが止まる切、しかし暗闇からそれを許さぬ一撃が切を襲う

???「健気なものだ、男なんかのために……豚は従順でなくてはならない」

声のする方へ視線を向けるとそこにいたのは……

四方堂「我が名は愛玩屠殺のペットウィップ!改めてはじめまして、女王様?」

権利者は会長「雑賀露見男」ではなく福会長「四方堂瑠架」であった

まぁSMと言えば「女王様」って一般的だしそんな驚きはないかな男で鞭を振るうと言ったら笑師ぐらいなもんだし

四方堂「ロミオにはペットウィップで言うことを聞かせているだけ……私の方が従順な淑女であると見せかける為にね」

雑賀「それは違う、僕は望んで本心から君に従っているんだ……君に支配されることは何よりの快楽!僕は君の代償だ」

と靴を舐めながら言う露見男に向けられた四方堂の軽蔑的な眼差したるや

四方堂「ペットウィップの能力は“鞭打調教”、数発の打撃で意思を殺し、相手を支配する」

勇次郎「所詮は女子供の護身術大n(rya」

四方堂「私は支配が好き、誰よりも誰よりも偉くなりたい!この私を差し置いて特別な存在の女王なんて……それだけで腹が立つ」

四方堂「だから……たっぷり虐めてア・ゲ・ル(はぁと」


女王は二人もいらない……利己心むき出しの女王の意思を汲み取り、忠実なる僕が祝に襲いかかる

雑賀「切れない切れないw硬い訳ではない、しなやかなのにまるで変かを拒むように……化け物め!化け物め!化け物め!!」

カッター持って何するかと思えば祝の髪をなじるというまさかの精神攻撃

今更そんなの通用するわけもなく、心の折れない祝を見て四方堂は攻め手を変えることにするうん、それが賢明な判断だ

四方堂「立ちなさい、灰村切!私の髪を切りなさい?

何故なおも精神攻撃なんだよ……

どうせやるなら切を徹底的に痛めつけるのが一番有効だと思うが……いずれにせよコイツら大したことない気がしてきた

しかし以外にもこれが効果的、祝は悲痛な叫び声を挙げるなんなんだコイツら……

祝「そんなヤツの誘惑に乗って……バカ、切くんのバカ!切くんなんか……大っ嫌いだ~~~~~~っ!!!

そんな祝の様子を見て悦に浸る四方堂、だが次の瞬間彼女が耳にしたのは鋏の音ではなく、自らの髪が無残に引き千切られる音だった

切「枝毛だらけだなぁ?汚い髪だ……これじゃあ目も覚める」

灰村切復活ッッ!灰村切復活ッッ!灰村切復活ッッ!灰村切復活ッッ!灰村切復活ッッ!

怒りに震え切に攻撃を加える四方堂、権利者として身体能力は強化されているようだが、白兵戦に特化したクライムエッジの前では分が悪い

四方堂の攻撃をいなし、さらには祝をはがい締めする露見男にも一撃を加える

祝「切……くん!」

切「な~にが『馬鹿』だよぉぉぉぉぉぉ!!!」

意外や意外、目覚めた切の第一声は祝への反駁であった

切「こっちだって鞭のせいで体が言うこと聞かなかったの!それなのにあんなに馬鹿馬鹿って……おまけに『大っ嫌い』って何様だよ!!」

祝「何いきなり怒ってるの!?信じられない!!」

切「信じられないのはこっちだよ!何なんだよあの台詞は!!」

祝「あれはそういうつもりじゃなくて……!」

切「じゃあどういうつもりなの!?言ってくれなきゃわかんない!」

なんだコイツめんどくせぇ女かよ

祝「……私を助けて!!

切「りょーかい!……我は最悪の血を継ぐ者……断裁分離のクライムエッジ!!

四方堂「私の支配を拒むならお前ごと倒すまで!!」

ペットウィップの真骨頂、奴隷となった男子生徒が一斉に襲い掛かるが、遺品の力で身体能力が向上した切の前には烏合の衆である

そうでなくても祝のキックで追い払える程度だったしな

が、役一匹の奴隷だけは例外であった……雑賀露見男だ

一般男子高校生のそれを遥かに凌駕する怪力で切に襲い掛かる

雑賀「俺は毎晩のように瑠架の鞭を受けてきた……この体は遺品の力で強化されているッ!!」

毎晩叩かれてんのか……まぁそんなことよりペットウィップには常習によるドーピング的効能もある模様

もはや勝負は決まったと高を括るSMコンビであったが……

切「普通の……人間が……殺人鬼に……勝てると思うか!?」

言ってることはよく分らんがこの世界における殺人鬼の認識がなんかおかしいってのは分かった

そんなわけで謎の殺人鬼パワーは身体的差異を遥かに凌駕しており、文字通り手も足も出せず露見男は血だるまと化す短かったな、コイツの旬……

数でも力でも切を抑えることができない以上、四方堂にもう手はない、事実上の敗北である

戦闘が終わり、ひと息吐くも束の間、切の首を突如ロープが締めあげる

???「オレはペットウィップを始末するつもりだった……クライムエッジと闘わせて、殺意を見せたらその時は、ってなぁ?」

???「だが今はルールブックもこのオレも殺すべきは別だと感じる……」

???「女王を守るという大義のもと、お前は闘いに熱中し、クライムエッジと共にこの状況を楽しんでないかね?」


切「中島……正義!!

正義「本当の悪は……お前か?灰村切!

中島正義推参!!私刑執行、容赦なく切のを吊るしあげる

刑は淀みなく遂行されるかに思えたが、聞き覚えのある叫び声がそれに歯止めをかける

小桜『やめなさぁ~~~~~~~~いっ!!!!中島正義!神妙にお縄を頂戴するです!』

正義「この声は……小桜!?なんでお前がそこにいんだよ!?」

目を向けるとそこには病院坂(妹)が、姉の命で四方堂に権利を奪わせないため駆け付けたとのこと

さらには正義が林間学校に向かってることを知った小桜が、病院坂姉妹の携帯を通じて参入したのだ

病院坂(姉)の携帯を唾まみれにする小桜の熱い説得が功を奏し、正義の集中と同調して刑は中断される

条件に当てはまれば絶対死ぬんじゃなかったのか……

興が削がれた正義はその場を立ち去る、利用されたことを憤慨する四方堂を「負け犬に用は無い」と歯牙にもかけず

女王であったはずのプライドが粉々く打ち砕かれ、その場に打ちひしがれる四方堂

祝が慰めの言葉をかけると「憐れまれた」とますます傷付いてしまう

めんどくせぇ女だなコイツ

であられもなく泣きだしたかと思えば聞いてもいないのに自分語り始める始末

いよいよもってめんどくさいわぁ

内容を要約すると「学芸会で女王役出来なかった!色目使われただけで別の女子に票入れた男子が許せない!キー悔しい!」ってことだそうで

一言だけ言えるとすればそんな些細なことが原因で今数名の男子が血まみれになってるのかと思うと居た堪れないな

四方堂「仮初の支配ならペットウィップで手に入った……あとは願いを手に入れて……本心から私を愛してくれる人をつくろうって、そう思ってたのに!」

泣きじゃくる四方堂の声で気がついたのか、雑賀が優しく声をかける

雑賀「非道いな……何が『枝毛だらけ』だ……奇麗な赤毛……天然のウェーブも……ずっと好きなのだけどな……」

訂正する、露見男さん、アンタ今が一番旬やで!!


仮初の女王ペットウィップ、彼女が本当に求めたのはひれ伏し崇める有象無象の奴隷なんかではなく、

灰を被ったように惨めな自分を救ってくれる、たった一人の王子様だったのかもしれない

そして彼女は気付いていなかっただけなのだ、いつだって王子様はすぐ傍で手を差し伸べていたってことに――

それにさえ気付いていればこんな血生臭い争いが起きなかったと思うとやっぱり心が痛むな











[Blu-ray] 断裁分離のクライムエッジ 三幕
急いで星座観察に向かう切&祝、しかし残念ながらとっくに終わっていた

結局たった二人の星座観察になってしまった

切「星見るの、少しは楽しくなりそう?」

祝「う~ん……やっぱみんなで見たかったな、そうすれば楽しかったかも」

切(さいですか……)

祝「でも昨日誘おうとしたのに、急に帰っちゃったじゃん?だからどうしようと思ってて……」

切「いやっ、あの時は『髪切るのに便利』とか言われて、その、ちょっと不貞腐れちゃって……」

祝「私そんなこと……あ!そ、そんなつもりじゃなかったんだけど……!ごめんなさい……」

そう、決して彼女に悪気があったわけではないのだ、ただその悪気がないのが却って問題なわけであって

これは長期のリハビリが必要やで……!

まぁそんな感じですれ違いはままあったものの、満天の星空の美しさの前では些細なこと

切は少し仰々しく手を差し出す、祝はそれを笑顔で受け入れる


言葉のいらない距離で 黒髪が舞い踊って、いま
最後のダンス 踊るふたりは ただただ笑う
ラストダンス ふたりは踊る それはそれは最高のダンス

(Base Ball Bear 『ラストダンス』より)


スポンサーサイト

テーマ:断裁分離のクライムエッジ - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2013/05/23(木) 23:49:48|
  2. アニメ感想
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<革命機ヴァルヴレイヴ 第3話 『エルエルフの予言』 感想 | ホーム | 翠星のガルガンティア 第6話 『謝肉祭』 感想>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://owashiya.blog86.fc2.com/tb.php/597-1be6d998
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

◎断裁分離のクライムエッジ第6話星のワルツ

キリ;僕はどうしたんだろう、体が勝手に動いて、、高等部の宿舎にきて、、思い出せない;誰かの声がする))イワイ:キリ君、目を覚まして!思い出してよ、星座観測、まだ間に合うかもし...
  1. 2014/01/17(金) 22:47:47 |
  2. ぺろぺろキャンディー

プロフィール

大黒黒子

Author:大黒黒子
マンガと仮面ライダーを

こよなく愛すダメ人間。

検索フォーム

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (50)
映画感想 (254)
仮面ライダー感想 (87)
ラジオ感想 (74)
アニメ感想 (99)
その他感想 (20)
トラバテーマ (20)

FC2カウンター

BLOG RANKING

人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

良ければポチってってね

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

amazon

DMM

ドル箱

無料ゲームで稼げる&高還元率ポイントサイト│ドル箱

げん玉

楽天

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。